漢方薬と西洋の医療

UP DATE

POWER PUSH

LINK

OWNER

漢方薬と西洋の医療

男性と女性では年齢を感じる感覚が違うことが分かっています。

女性の場合、「歳をとった」と感じるのは29歳と答えた女性が最も多かったようです。ちょうど肌に変化がみられる年齢と一致すると言われています。しかし、男性の場合、具体的に"何歳"ということを挙げる人はほとんどいないことが分かりました。

では、男性はいつ「歳をとった」と感じるのでしょうか?

実は精力の衰えや体力の衰えなど、体の機能の衰えを感じた時に年齢を感じることが分かったのです。

したがって、30代後半から50代、60代と範囲が広いという結果だったそうです。

男性にとって、精力の衰えというのは大きな悩みです。精力の衰えを感じ始めたら精力剤を利用することをおすすめします。また、バイアグラという選択肢を考える方もいるかもしれませんが、バイアグラには勃起を促す効果はありますが、精力増強の効果はありません。

なぜなら、バイアグラは一時的に勃起を促す作用しか持ち合わせていないからです。精力剤は基本的に漢方を調合することで作られていますので、まず第一に身体を健康状態に戻すことを大前提にしています。つまり、"病気を治す"西洋医学と、"病人を治す"漢方の違いなのです。

したがって、いざという時のバイアグラ、根本的に改善するには精力剤と使い分けると良いでしょう。